2019年 4月 の投稿一覧

自分に合ったメンズ脱毛サロンの選び方

美意識の高い人間にとって、肌のケアは欠かせません。美しい肌をキープするにはコスメでの手入れが大切ですが、その際に邪魔っけなのが、いつの間にか生えているムダ毛です。

目についた時に抜いたり剃ったりしている人が多いでしょうが、実は毛抜き、カミソリ、あるいは除毛クリームを使った自己処理は、気楽におこなえる代わりに難点も少なくありません。これらのものは肌への刺激が強く、それがひどくなると、埋没毛、黒ずみといったトラブルを起こしてしまうのです。

そんな事態を避けたい人にオススメなのが、プロによる脱毛です。

昔、脱毛は「料金が高くて痛い」というイメージがありましたが、新しい技術の発明もあって面目を一新。料金はかなり値下げされ、思い切って脱毛してもらう女性が増加中です。

また「みっともない体毛をどうにかしたい」という男性も多くなり、男性専門のサロンも続々と開店しています。

ただ脱毛に挑戦したいと思っていても、男性にとってサロンというのは敷居が高いものです。

「料金はいくらかかる?」
「脱毛完了までに何ヶ月必要?」
「施術の回数はどれくらい?」
「痛みはひどい?」

これらの疑問が気になって、結局、サロンとは無縁でいる男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンを着目し、そこで使われている脱毛技術、施術コスト、完了までの期間、痛みの有無、そしてサロンの選び方などについて解説していきます。脱毛にトライしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは?

光脱毛について
いまだに脱毛について「毛穴に針を入れて、毛根を焼く」という施術シーンをイメージする人がいます。

確かに以前の医療クリニックやサロンでは、針に似た電極(プローブ)を毛穴に挿入し、微弱な電気を通すという方法で、ムダ毛の脱毛をおこなっていました。

これは「電気分解脱毛法」というもので、19世紀末に始まった方法。米国セントルイスの眼科医であるチャールズ・ミッチェルが考案したものです。

うまくいけば半永久的に無毛状態が維持できるために、この方法は大いに流行し、改良された機器が日本にも輸入されました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と名付けられ、当時最もポピュラーな脱毛方法となったのです(今でもクリニックの一部でおこなわれています)。

ただ、この方法は毛穴ひとつひとつに細いプローブを手作業で入れていくため、たいへんな手間が必要でした。

やがて、この美容電気脱毛よりもさらに優れた方法が発明されます。それがレーザー脱毛です。

レーザー脱毛というのは、文字通りレーザー光線を用い、ムダ毛を処理する方法です。もともとレーザー光線は、波長によって一定の色や物質に反応する特性を持っています。つまり、青、黒、赤といった色のついた物質があれば、そこだけにピンポイント的に熱を加え、その細胞に損傷を及ぼすことができるわけです。
医療現場でも、この特性を使って色々な処置がおこなわれています。

脱毛の施術では、皮下の毛に含まれる黒いメラニン色素が標的になるよう、波長を調整。肌に直接照射するとメラニン色素に光線が吸収されます。すると毛が伝導体となって毛包にその高熱が伝わり、やがて毛の産生をつかさどる毛球部の毛母細胞が死滅。そのことで発毛がストップします。

この方法は、毛根に直接接触しないでムダ毛を処理する、という点で革命的でした。

この原理が、やがて「光脱毛」という脱毛方法を生み出し、ほとんどのサロンで使われるようになります。

光脱毛の種類は4つ

光脱毛の種類
ここで光脱毛について、簡単に述べてみましょう。

光脱毛は方式によっていくつかの光線が使われますが、それらはレーザーと同様、肌に当たると毛に含有されるメラニン色素に吸収されます(周辺の細胞には害を与えません)。

吸収された光線は熱エネルギーに変化し、毛根を高温の状態にします。これで発毛機能がダメになり、毛の成長が止まるわけです。

この施術を何回か続けることで段々と毛の本数は少なくなり、やがて部位全体がツルツル状態となります。

現在、光脱毛には次の4方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴をざっと述べていきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番導入されている脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています)。IPL(インテンスパルスライト)という特殊な光線が毛乳頭などの発毛組織に損傷を及ぼし、間を置いて施術していくと、効果が徐々にあらわれてきます。

欠点は照射時にちょっと痛みがあること。ただ軽微なものなので、問題になりません。

続いてSSC方式。この方式の特徴は使われるライトにあります。
IPL方式はキセノンランプを使用し、上で述べたIPLという光線を照射します。一方、SSC方式では、クリプトンライトというものを用います。

インテンスパルスライトだと、それだけで施術できますが、クリプトンライトは単独では効果がありません。

では、どうやって脱毛するのかというと、まず皮膚に専用ジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根が衰え、毛の成長がストップするのです。

SSC方式の最大の利点は、光線の出力が弱くても効果がある、という点。ジェルとの併用で毛根を弱体化するので、高熱でなくても問題ありません。したがって、照射時の痛みはIPL方式よりも軽くなります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。これらは新しい発想の脱毛方法です。
両方ともバルジ領域という組織に損傷を与えるところが、それまでの方法と異なっています。

特にハイパースキン法は、光線が非常に低温なため、施術時の痛みが皆無です。ですから、痛みに敏感な人でも施術ができます。

光脱毛と医療レーザー脱毛

光脱毛と医療レーザー脱毛
サロンでは光脱毛がメインですが、医療クリニックではレーザー脱毛が主に使われています。この2つについて色々な点で比較してみましょう。

施術回数の比較

光脱毛の施術回数と、処理できるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・施術6回  およそ50%
・施術12回 およそ80%
・施術18回 およそ95%

一方、医療レーザー脱毛の場合は、約95%のムダ毛を処理するのに5、6回の施術ですみます。

基本的にレーザー脱毛の原理は光脱毛と同じですが、照射パワーが段違いに違うため、回数が少なくなります。

「なぜ一回で全部を無毛にできないのか?」と疑問を覚える人がいるかも知れませんが、それは毛幹(皮膚の外に出ている部分)の毛にしかレーザーやIPLが反応しないためです。

毛には「毛周期」という成長サイクルがあり、施術は成長期にあたる毛(毛幹の毛)だけに効果があります。そして、毛幹の毛を脱毛できたとしても他の毛は肌の下に埋もれているので、その成長期を待たなければなりません。
そのため、レーザーのようなパワー抜群の光線でも、施術を重ねる必要があるのです。

価格の比較

光脱毛の料金の平均相場は、以下のようになっています——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

一方、医療レーザー脱毛の平均相場は次の通りです——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

このように、料金だけで比べると圧倒的にサロンの光脱毛が安くなっています。

痛みの比較

光脱毛は、施術時の痛みが軽微なことが大きな特徴です。

サロンの説明では「輪ゴムでパチンと弾かれたくらいの痛み」と言われることが多く、ネットでそんな文章を見かけた人も多いでしょう。

もちろん、濃い毛が密集しているVIOやワキなどは熱が集中しやすいため、「痛かった」と感じる人もいますが、レーザー脱毛の痛みと比べると問題になりません。

医療レーザーは威力が格段に違うため、照射時は針をいきなり刺したような激烈な痛みを感じます。ただ効果がすごいので、この痛みはやむを得ないとも言えます(痛みに耐えられないという人には、別途料金で部分麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

また、光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、その痛みは一瞬だけです。大きな火傷のように後を引くものではありません。
また、数回施術を続けて毛が徐々に細くなっていくと、痛みはずっと軽くなるので、その点は安心です。

色々なケアの比較

サロンの光脱毛は脱毛に加えて美肌ケアをおこなうケースが多く、脱毛に用いられるジェルに保湿成分が入っていたり、施術後の冷却に手間をかけたりしています。

一方、レーザー脱毛だと医療機関ということで余計なサービスはなく、冷却もやらない場合があります。

心地よいケアを期待するなら、サロンの光脱毛をチョイスすべきでしょう。

光脱毛の利点・難点

利点・難点について考える

利点

・クリニックのレーザー脱毛に比べると、施術コストが安価
・痛みが軽微で、脱毛方式によっては無痛のこともある
・美肌ケアやアフターケアをしっかりとおこなってくれる
・店内の雰囲気、サービスが心地よい

難点

・レーザー脱毛よりもはるかに施術日数が長い
・薄い色の毛や産毛は、メラニン色素が少ないために効果が上がりにくい

サロンをいかにして選ぶか?

サロンをいかにして選ぶか考える
メンズ脱毛サロンを選ぶ時の留意点をいくつかあげてみます——

顧客が男性だけなのかチェック

メンズ脱毛サロンというと、「男性だけしか施術しないところ」と思いこみがちですが、実際は男性客をメインにしているだけで、女性も施術オーケーというところもあります。

「通常のサロンでなく、メンズ脱毛サロンに通う」という男性の中には、施術に通う姿を女性に見られたくないという人も少なくないでしょう。

男性が脱毛をおこなうというのは何となく恥ずかしく、知らない女性とはいえ、その視線にさらされる、というのは不快なものです。

そこの顧客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめサロンに訊ねておきましょう。

男性スタッフを指名できるか?

男性だけが顧客、というメンズ脱毛サロンでも、実は必ず男性脱毛士が施術をするとは限りません。中には女性スタッフが施術を担当するところもあります。

「女性脱毛士に施術をされるのはイヤだ」という男性も少なくないと思いますので、男性スタッフを指名できるか、という点も契約前に確認しておくべきです。

施術技術について口コミを確認

これは別にメンズ脱毛サロンに限ったことではありませんが、サロンを選ぶ際はネットの口コミをチェックすべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に違う要素があります。それは、脱毛効果です。

男性は男性ホルモンが大量に分泌されているために体毛が濃く、女性と同じ程度の施術ではなかなか効果が実感できません。

男性の施術の場合は、射出するライトのパワーをある程度上げる必要があるのですが、これは男性脱毛の経験豊富なスタッフでないと、加減が判断しにくいとされています。

つまり、スタッフの熟練度によって、脱毛効果の違いが出てくるわけです。

ただ、サロン側はスタッフの経験がどれくらいかを明かしてはくれませんし、公式サイトやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは判定できません。

こんな時に口コミのサイトなら、実際に脱毛を体験した顧客の投稿が参考になります。

サービスの評価はどうか?

サロンでの脱毛の場合、全身脱毛のプランを選ぶと最低でも2年は施術に通う必要があります。

施術回数もかなり多くなりますが、もしスタッフの態度が悪い場合、心地良く施術を受けることはできません。

どれだけ料金が安くても、サービス面でデメリットがあると、中途解約したくなる確率が高くなります。

解約を回避するためにも、口コミでスタッフの態度についてチェックしておきましょう。

以上、脱毛にトライしたいという男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

今、脱毛はブーム状態にあります。サロンでは新規の客を獲得しようと懸命です。お値打ちのディスカウントを毎月のようにおこなっているので、公式サイトをなるべくマメにチェックするようにしましょう。

上手に医療脱毛クリニックを選ぶには?

20年前、脱毛に対する世間のイメージは、良いとは言えないものでした。「勧誘がとにかくしつこくて悪質」「施術時の痛みがひどい」「肌のコンディションが悪くなった」などなど……。
しかも料金がとんでもなく高く、有閑マダム向けの美容術、という印象がぬぐえませんでした。

ところが今や十代の女の子でも施術に通うほど、脱毛は一般に普及しています。かつての悪い評判を思うと、隔世の感があります。

自分も一度チャレンジしたい、という人も増えていますが、脱毛するとなると行き先は2つに限定されます。
脱毛サロン、そして医療クリニックです。

有名タレントのCMの影響もあって、かつてはサロンに行く人が多かったのですが、最近では医療クリニックの利点も広く知られつつあり、どちらを選ぶか迷っている人も少なくないようです。

そこで、このサイトでは医療脱毛クリニックを特集することにしました。
そのメリット・デメリット、脱毛技術の特徴、そしてクリニックを選ぶ時に留意したい点など、様々な役立つ情報を取り上げていきます。

クリニックの脱毛はどんなものか

クリニックの脱毛
今のところ、日本で脱毛のプロが施術をおこなっているのは、サロンと医療クリニックしかありません。
もしクリニックの方を選ぶなら、その特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー光線を用いて脱毛

ムダ毛への特性を備えた光線で施術する点はクリニックもサロンも変わりません。しかし、クリニックの場合、威力の強いレーザー光線を用いるところが最大の特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性を見出したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所に在籍していたロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。2人が科学雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」(1983年)は、5000年に及ぶ脱毛の歴史に画期的な変化をもたらしました。

それまでの脱毛方法は、使い捨ての電極(プローブ)を毛穴に挿入する「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)が主流でした。これは1875年にチャールズ・E・ミッチェルというアメリカの眼科医が考案した「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、プローブから毛包に直流電流を流し、毛乳頭や毛母細胞を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの方法に改良を施して一般に普及させますが、なにしろ処理に時間と手間がかかり、それだけ施術コストも高額になってしまいます(例えば、両脇だけの施術でも20万円かかりました)。
しかも電極に直流電流を流す時に激烈な痛みが伴うため、顧客もかなりの肉体的忍耐を強いられます。

こんな状況を劇的に変えたのが、レーザー脱毛だったのです。

レーザー脱毛はその名の通り、レーザー光線の威力によって発毛を阻害する脱毛方法。レーザー光線というのは他のライトと違って多種の波長を含まない単色光で、発射されても拡大はせず、どこまでも一直線に進んでいきます。

最も際立った特性は、レーザーが波長に応じて特定の色だけに作用する、という点。つまり、波長を調節したレーザー光線を色のついた細胞に照射すると熱エネルギーに変わり、その細胞に大きな損傷を与えられる、ということです。

脱毛に用いる際は、毛に3%だけ含有されているメラニン色素に作用するよう、気体や結晶のレーザー媒質によって波長を700nm〜1000nmの間に変えます。
この状態でレーザー光線をムダ毛に照射すると、ムダ毛に吸収されて熱エネルギーに変化。特に毛根は65度から70度の高熱に包まれます。

この高熱が発毛を促進する組織、つまり毛母細胞や毛乳頭を破壊し、肌から毛が生えなくなるのです。

この方法の良い点は、あくまで破壊されるのは毛根のみであり、表皮の他の組織には損傷を与えない、というところです。 施術にあたってはレーザー光線を当てるだけなので、効率的にも文句なし。美容電気脱毛のような厄介な手間はいりません。

開発当時は白人向けのルビーレーザーしかなかったのですが、やがてアレキサンドライトという日本人向けのものが登場。
今はダイオード、YAGなど、様々な媒質を使ったレーザーが増え、毛の性質や部位に応じて変えられるようになりました。

2)永久脱毛ができる

脱毛に関してはまだまだ認識不足の人が多く、「脱毛マシンで光を1回照射すれば、その部位は一生ツルツルになる」と誤解している方までいます。

しかし、発毛を促す毛球部分は丈夫で、多少の攻撃を受けてもその機能は保持されます。1回の照射ではダメージの程度もわずかですし、さらに毛には毛周期と呼ばれる発毛サイクルがあるため、それに応じて施術をおこなう必要があります。そうやって施術を2ヶ月に1度くらいの頻度で続けるうちに毛の本数が減っていき、数ヶ月〜数年後にようやく脱毛が完了するのです。

サロンでもメラニン色素にアプローチするライトを用いますが、そのパワーが抑えられているために、発毛機能は一時的に衰えるだけです。
施術から数年も経つと毛球部分は回復し、再びムダ毛が伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックではパワーのあるレーザー光線を使うため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)医師資格がないと施術ができない

上で述べた通り、サロンの脱毛方法は技術的にはクリニックのものとそっくりですが、使っている光が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。
サロンの光とレーザー光線を威力の点で比較すると、銃弾と砲弾ほどの相違があります。サロンの脱毛士に国家資格がいらないのも、施術時の危険がほとんどないためです。

一方、レーザー脱毛は使う光線が身体組織を死滅させるパワーを持っているので、少しのミスが重篤なトラブルにつながりかねません。そのため施術をおこなうのは、万一の事故に対処できる医師に限られています。もちろん、ケガを治療できる設備・器具などもそろっているので、その点でも心配無用です。

医療脱毛の良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

・施術にあたるのが医師なので、万が一トラブルがあっても対処してもらえる
・サロンよりも脱毛効果が高く、毛深くてもツルツルにできる
・脱毛に必要な日数が短めで、サロンほど施術回数も多くない

難点

・安いプランの多いサロンより、施術料がかなり高い
・レーザーを照射した時の痛みが激しく、施術がイヤになる
・毛膿炎、炎症などの肌トラブルが起こる場合がある

医療クリニックと脱毛サロンの相違点とは?

相違点
これまでもクリニックと脱毛サロンの違いについて触れましたが、ここで改めて相違点をまとめてみます——

料金

昔からサロンは大きな広告を女性雑誌に出していますが、そこには派手な活字で「お得なキャンペーン」「月末まで限定の価格」などと書かれています。
これで分かる通り、サロンの第一のセールスポイントとなっているのはその料金の安さです。

一方、クリニックは医療機関ということもあってか、施術料が大胆にディスカウントされることはほとんどありません。

ここで、サロン、医療クリニックそれぞれの脱毛費用がいくらくらいなのか、一覧にしてみましょう。

まず脱毛サロンから。全国各地に多くの店舗がある大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を出してみたところ——

・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

となりました。

次に医療クリニックです。こちらは検索でよく上位にくる20院の平均施術料を計算しました——

・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

比較すると一目瞭然、やはり医療クリニックの方が脱毛サロンよりずっと料金が高くなっています。特にその差が激しいのが顔脱毛で、クリニックの施術料はサロンの3倍を越えています。

効果

上で述べたように、サロンとクリニックでは脱毛に使う方法が異なるため、効果に関しても相当な差が出ます。

いま主流となっているサロンの脱毛方法は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つです。

IPL脱毛はサロンで最もよく使われている脱毛方法で、フラッシュ脱毛、あるいは光脱毛とも呼ばれます。ワンショットでの処理範囲が大きく、背中、脚、腕といった広いパーツに最適です。照射出力も抑え気味なので、痛みもそれほど強くありません。

他の方法も良い点悪い点が色々ありますが、覚えておきたいのはサロンの脱毛が正確には「減毛」「抑毛」だということ。部位が無毛になったとしても、その効果は数年程度しかもちません。

一方、医療クリニックで採用されているレーザー光線はサロンとは段違いのパワーを秘めていて、毛が再び伸びる可能性は低くなります。

保証

保証だけは、クリニックと脱毛サロンの両者でほとんど差はない、と言えます。

結果に納得がゆくまで施術を継続できる「永久保証」、有効期限を一定期間延ばせる「期間保証」、中途解約の際に前払金の一部を返してくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方で受けられます。

ただ、条件・保証の種類などは各クリニックによって違う部分があるので、公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの相違点について考える時、結構盲点となるのが支店(支院)の数です。

「それってどこが重要?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは、十分な成果があがるまでどうしても長い時間がかかります。
狭いパーツでも数ヶ月、さらに大掛かりなコースになると、数年間はサロンやクリニックに通い続けなければなりません。

なにしろ長い日数なので、人によっては生活の状況が変わってしまうこともあります。引っ越しや転勤がそれに当たりますが、引越し先にそれまで通っていたクリニックの支院がないため、前払いしておいた費用がムダになるケースも出てきます。

狭いパーツなら少額ですむかもしれませんが、全身脱毛のような手間のかかるプランだと、前払い金の総額が20万円以上になることも普通です。
できるなら、引っ越し先でもそれを活かしたいでしょう。

有名サロンなら全国にチェーン展開をしているため、転居先でも施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックは支院があっても数が少なく、引っ越ししてしまうと前払い金がムダになってしまうパターンが多いようです。

ということで、もし引っ越しや転居の多い人が施術を受けるなら、クリニックよりも大手サロンの方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ際のポイント

クリニックを選ぶ際のポイント

なんといっても施術コストが大事

クリニックで施術を受けよう、と決めた時、まず知りたいのはその料金でしょう。

すでに述べたように、医療クリニックはサロンに比べて料金が高いのですが、たとえば「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛が相当お得になっています。特に両脇など、施術料はたった1,000円です(回数は6回)。

このように特定の部位をリーズナブルに脱毛してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひネットなどでチェックしてみて下さい。

痛みを軽減してくれるか?

レーザー脱毛の大きなデメリットが、施術の時の痛みです。
最近では何とかそれを軽減しようと、新しく考案されたマシンを採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では最新機器の「ジェントルレーズプロ」を導入しています。これは部位を冷やすことで痛みを軽くするというもの。おまけに麻酔代も無料になっていますから、痛みが苦手な人にはピッタリでしょう。

支院の数はどれだけか?

クリニックの支院の数も大事なポイントです。

顧客が多いということで安心できますし、予約も入れやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国に支院があり、転居後も施術を続けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックの選び方のコツ、その脱毛技術などを詳しく解説してみました。いかがだったでしょうか。

「費用が高い」「施術の痛みが怖い」などの理由から医療クリニックを敬遠する人も少なくないと思います。
しかし脱毛効果を第一に求めるなら、やはりサロンよりクリニックがおすすめです。

どうかこのサイトを参考に、自分にふさわしい医療クリニックを見つけて下さい。

家庭用脱毛器を購入する際に損をしないポイントとは?

最近は男女問わず、脱毛する人が増えてきました。有名なサロンや医療クリニックなどは予約で一杯。
さらに家庭用脱毛器も非常に売れていて、大きな市場を形成しているそうです。

「自分も脱毛器を購入してみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ高い器具ですし、選ぶのに迷うほど種類があります。買ってガッカリしないためにもその特徴やメリット・デメリットについて、しっかり確認する必要があります。

そこで、このページを作りました。
家庭用脱毛器を買いたいという人のために、その選び方のポイントなどについて解説していこうと思います。

家庭用脱毛器は画期的な器具

家庭用脱毛器
ムダ毛処理のツールは色々普及していますが、それらは2つに分けられます。つまり、カミソリ、電気カミソリ、クリームなど、ムダ毛の一部だけを処理するものと、毛抜き、脱毛テープ、ワックスなど、毛根からムダ毛の全てを引き抜くものです。

これらのうち、カミソリ類は「除毛」にあたり、本当は「脱毛」とは言えません。
そして毛抜類は「脱毛」といえば「脱毛」なのですが、その後もムダ毛は伸び続けます。

ということで、これまでムダ毛の発毛を防ぐには、サロンや医療クリニックで施術を受けるしか手がありませんでした。

そんな時に発売されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛を処理したい人にとっては朗報でした。

何しろサロンや医療クリニックでムダ毛処理してもらう場合、施術終了までに最低でも数ヶ月、下手をすると数年はかかります。その間にやめる人も多いですし、その総費用が10万円以上に及ぶことも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、はるかに安価で処理ができるのですから、あっという間に機種が増えたのも当然でしょう。

ただ、1番リーズナブルな機種でも2万円弱はするので、いざ買う段になると、どれを選ぶか慎重になってしまいます。

以下の選び方のポイントやその特徴をしっかり理解して、自分の目的にふさわしい機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に留意したいポイントとは?

留意したいポイント
家庭用脱毛器は、機種や方式の違いが効果にもハッキリあらわれる商品だと言われています。「バーゲンセールで安売りをしていたから」「色やデザインがすごく気に入ったから」といった安直な理由で買ってしまうと、結局失望するケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、留意したいポイントをあげてみます——

使い勝手が良いかどうか

家庭用脱毛器に関する感想をネットで調べてみると、

「『効率的にムダ毛の手入れができる』という評判だったので買ってみました。でも照射部分が私には重すぎて、少しの時間使うだけで手がだるくなります」

「照射口が小さすぎて、ワンショットで処理できる範囲が限られています。おかげで広い部位の手入れにはどうしても時間がかかります」

「思ったよりも動作音がうるさく、近所に気をつかって夜中には使えません」

などの「ガッカリ」口コミが結構ありました。このように「使用感が悪い」という不満から、せっかく買ったにもかかわらずいつの間にか部屋の隅に置きっぱなしになっている、という人も少なくないようです。

こんな羽目にならないよう、照射面積、最大出力レベル、連射機能等についてはあらかじめ公式サイトでしっかりチェックするようにしましょう。また家電店やディスカウントショップが近くにあるなら、試しに手にとってみて、一体重さがどれくらいなのか確認した方が無難です。

コストパフォーマンスは優れている?

脱毛器の購入でよくあるのは、本体は安い値段で手に入れたのに、消耗品のカートリッジのお金が思った以上にかかってガッカリしてしまう、というもの……。

家庭用脱毛器は1万円台のものから、10万円以上の高級品まで色々な機種がそろっていますが、使用するにつれて消耗していくカートリッジの存在を忘れてはいけません。

購入前には、本体価格のほかに、カートリッジのコスト、そしてその交換頻度について、きちんとチェックしておきましょう。

あらかじめ脱毛効果を知っておく

脱毛サロンと医療クリニックでは施術に用いるマシンの方式が異なりますが、家庭用脱毛器でも機種によって違う方式が採用されています。
現在よく用いられているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式ですが、それぞれに長所・短所があります。

どれだけ効果をあげたいのか、あるいはどのパーツを処理したいのかは使用する人によって様々ですから、各方式の特徴を分かっていた方がいいでしょう。

また、「1回の処理に必要な時間はどれくらいか」「顔・VIOなどの敏感なパーツにも使用できるか」といった細かいデータについても、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つのファクターに関しては、必ず留意しておきましょう。

家庭用脱毛器の使用に関するメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・サロンや医療クリニックの2分の1以下の費用で脱毛ができる
・わざわざ施術場所に出かけていく必要がない
・他人に見られずにムダ毛を手入れできる

デメリット

・背中、お尻、うなじなどの部位は手伝いがいる
・ひとりで作業をするために途中でイヤになることがある
・肌トラブルの予防と対処をひとりでやらなければならない

永久脱毛は家庭用脱毛器でおこなえるのか?

永久脱毛はおこなえるのか?
実はサロンやクリニックのマシンとほとんどの家庭用脱毛器は、脱毛のメカニズムという点では同じです。ただ、重篤なかゆみ、火傷といった肌トラブルを防ぐために照射パワーがかなり控えめに抑えられています。ですから、永久脱毛は不可能です。

なお、意外に分かっていない人が多いのですが、サロンでの脱毛というのは正確に言えば「抑毛」です。発毛器官は破壊されないため、数年経てば毛は再び生えてきます。

永久脱毛を希望する人は、医療クリニックでレーザー脱毛の施術を受けましょう。

脱毛の方式ってどんな種類がある?

どんな種類がある?
現在、家庭用脱毛器の方式は数種類ほどです。どんなものなのか説明してみましょう——

フラッシュ式

これはサロンの脱毛方法と同じもので、家庭用脱毛器のほとんどはこの方式を採用しています。IPLという特殊なライトを肌に直接照射すると、表皮の奥にある毛根が高熱に包まれて弱体化。
日数を置きながら照射を続けているとムダ毛が薄くなり、本数も減っていきます。

1番の長所はライトの照射口が大きく、ワンショットで処理できる面積が広いこと。そのため、手入れが大変スピーディにできます。打ち漏れの可能性も低いので、腕・足・背中などの大きな部位を処理するにはピッタリです。

照射出力もそれほど強くないので、肌トラブルの心配はまずありません。もちろん痛みもごく軽微です。

デメリットとしては、脱毛を完了するまで長い時間が必要なことですが、それでも約1年間の照射で肌がほとんど無毛状態になります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックと同じ方式です。直接肌に照射されたレーザーライトが、ムダ毛のメラニン色素だけに反応。その結果、毛乳頭、毛母細胞といった部位にダメージが及び、発毛機能が衰えます。

ライトが広がらないために脱毛効果が高く、顔の一部、指などの狭い部位、それに太い毛を処理したい人に最適です。

脱毛完了に必要な日数も短か目で、照射を2週間に1度続ければ、3ヶ月ほどで効果が実感できます。

ただ広いパーツだと、照射を終わらせるのに長い時間がかかりますし、打ち漏れも生じやすくなります。

また欠点として厄介なのが、レーザー照射時の「痛み」です。ネットでも「予想以上の痛みで思わず声が出た」「照射直前は心臓がドキドキする」といった感想が目立ちます。

特にデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇といった部位は相当痛みを感じるので、照射出力を控え目にした方がいいでしょう。

また、レーザーがホクロ・シミに反応することがあるので、シールなどで隠すか、照射自体を避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセットに似たピッカーという先端でムダ毛をはさみ、そこに弱い電流を流して処理をおこないます。光は使わないので、目に近いパーツ(眉、額の生え際など)のお手入れができます。

また、光では処理不可能な毛(日焼け肌のムダ毛、白髪)も、高周波を使えば対処可能です。

ただ、処理は1本ずつなので、広い部位向きではありません。
手入れを速くおこないたい人には、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、すべて毛根に損傷を与えて発毛を阻害します。一方、「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」はそんな機能はありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼いてしまうというものです。あくまで皮膚から外へ伸びている部分を処理するだけ(つまり除毛)で、発毛機能にはダメージはありません。

ただ、使うと毛先が丸くなるため、カミソリのチクチク感がイヤな人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーにムダ毛を絡ませて引き抜きます。

つまり毛抜と同じわけですが、手早く広範囲を処理できるのが良い点です。もちろん毛穴や肌へ刺激を与えるため、おすすめはできません。

主な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買う時に最初に気にかかるのが、その値段だと思います。

そこでネットのデータを元に、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(照射面積と1ショットあたりの単価のデータも付記します)。

・ケノン
価格……69,800円(税込)
照射面積……9.25平方cm
1ショットあたりの単価……0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格……49,299円(税込)
照射面積……6平方cm
1ショットあたりの単価……1.78円

・4x
価格……38,999円(税込)
照射面積……1平方cm
1ショットあたりの単価……0.08円

・ラヴィ
価格……40,000円(税込)
照射面積……6平方cm
1ショットあたりの単価……0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格……116,640円(税込)
照射面積……12平方cm
1ショットあたりの単価……0.05円

・ルメア・プレステージ
価格……57,998円(税込)
照射面積……4平方cm
1ショットあたりの単価……0.20円

・光エステ
価格……25,200円(税込)
照射面積……5.4平方cm
1ショットあたりの単価……0.29円

最も安価なのは光エステの25,200円となります(ちなみに脱毛器と名付けられている製品にはさらに格安なものもあるのですが、それらは正確には脱毛器と呼べないのであえて除外しました)。

最も高価なのはレイボーテグランデの116,640円。ハイスペックの機種と言えます。

また上で説明したように、購入する際はカートリッジのランニングコストを考慮することが必要です。ここには書きませんでしたが、カートリッジの価格がいくらなのか、自分で調べておきましょう。本体価格に加えてカートリッジの値段を比較することで、本当の価格差が分かります。

そして、1ショットあたりの単価も重要です。上の数字を見て、「1ショットあたりのコストの差なんて、ほとんどない」と高をくくってしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回だけでは完了せず、2週間ごとにライトを照射し続ける必要があります。つまり、ワンショットのわずかの違いでも、何回も繰り返されることで思っても見なかった大きな差となります。

最後に「照射範囲」も参照しなければならない数値です。
1回の照射範囲が広くなればなるほどショット数は減っていきますから、カートリッジのコストも安くなります。

上のデータでは4xだけが照射範囲の数字が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式を採用しているからです。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンの数字とは差がありすぎて、比べられないくらいです。

広い部位のムダ毛を処理したい人など、各商品の照射の単価と面積がどれくらいなのか、よくチェックしておきましょう。
その上で、なるべくリーズナブルなものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴、機種の選び方のポイントなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べてきたように、家庭用脱毛器はその脱毛方法や機種によって用途や効果が大きく違います。また本体に加え、消耗品であるカートリッジの値段をしっかり調べておくことも重要です。

ぜひ自分にふさわしいものを選び、快適な脱毛生活を送って下さい。