足脱毛で美しい足をゲット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性が男性を最も魅了するのは、顔と足の美しさでしょう。
特にセックスアピールという点では足にかなう部位はありません。

スタイルに自信を持つ若い女性は季節にかかわらず足を大胆に露出し、男性の目を引きつけようとします。

長く伸びた足のラインは同性でも思わず見とれてしまうほどですが、ひとつ気をつけないといけないのは、いつの間にか伸びているムダ毛の存在です。

しっかりと処理していないとみっともないですし、せっかく足の美しさに目を留めた人からも「あんなに露出しているのに、ムダ毛があるなんてだらしがない」と裏で言われかねません。

そんな屈辱を受けないために熱心に自己処理をおこなっている女性も多いでしょうが、カミソリ、毛抜き、あるいは除毛クリームといった処理製品は肌への刺激が強く、せっかくの美脚に色素沈着などを残す危険性があります。

見栄えをよくするためにやっているのに、肌トラブルを起こしては本末転倒です。

「トラブルばかりの自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックに行って脱毛しようかな……」

そう考えてしまう女性も少なくないでしょう。

でも脱毛をやったことのない女性にとって、契約した上でわざわざ店舗や医院に通うというのは、男性が思う以上にハードルが高い行為です。

「脱毛完了までに、一体どれくらいの日数がかかるの?」
「施術は最低何回受ける必要が?」
「施術のせいでかえって肌の調子が悪くならない?」
「料金は安いところでどれくらい?」

これらの疑問がネックとなって結局サロンやクリニックとは縁がなく、肌に悪いと知りつつ自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、サロンやクリニックの料金、オススメのお試しプラン、そして脱毛完了までの日数などについて、詳しく解説してみることにしました。

このページの情報が、脱毛初心者の疑問を解消できれば幸いです。

格安で脱毛ができるサロンや医療クリニックはどこ?

一口に足と言っても、その大きさは顔やワキの何倍にもなります。そのため脱毛の際は、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった部位に分け、施術が別々におこなわれます(もちろん、足全体をターゲットとしたコースもあります)。

各部位の脱毛料金はサロンやクリニックによって結構な違いがあるので、各サイトなどを丹念に調べることが大事です。
そこに書かれた数字を比較検討することによって、よりリーズナブルに脱毛できます。

では、その中でも特に料金の安価なサロンやクリニックはどこでしょうか。以下でその料金をまとめてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[6回分]
・ひざ下……18,000円[6回分]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[8回分]
・足全体……48,000円[8回分。ひざ上・ひざ下は6回分]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[8回分]
・ひざ下……42,000円[8回分]
・ひざ……21,000円[8回分]
・足の甲・指……21,000円[8回分]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[8回分]
・ひざ下……31,200円[8回分]
・ひざ……14,400円[8回分]
・足の甲・指……14,400円[8回分]
・足全体……91,200円[8回分]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[8回分]
・ひざ下……31,840円[8回分]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[8回分]
・足全体……95,520円[8回分]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[5回分]
・ひざ下……41,250円[5回分]
・ひざ……13,750円[5回分]
・足の甲・指……13,750円[5回分]
・足全体……92,900円[5回分]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[5回分]
・ひざ下……89,800円[5回分]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[5回分]
・足全体……119,800円[5回分]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[6回分]
・ひざ下……81,000円[6回分]
・ひざ……28,750円[6回分]
・足の甲・指……28,750円[6回分]
・足全体……219,500円[6回分]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[5回分]
・ひざ下……60,000円[5回分]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[5回分]
・足全体……100,000円[5回分]

といったところです。

サロンの中で施術料が1番リーズナブルなのは、なんといってもミュゼです。ひざ上・ひざ下の両方を施術してもらっても36,000円なので、他の店舗よりも圧倒的にお得になります。

ただ、足全体を脱毛したいとなると銀座カラーを選ぶ方がいいでしょう。足の指・甲まで脱毛できますし、それに通い放題です。
とにかく足のすべてをツルツルにしたいという場合は足全体プランにしましょう。

クリニックの方はサロンより料金が高いのですが、その中ではアリシアクリニックが最もお得。足全体プラン(ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指)が92,900円です。

クリニックの料金体系は相当なバラつきがあり、部分脱毛でも40万円以上の費用が必要なところもあります。
それらの高級医院と比べると、足全体で10万円以下というのは本当にリーズナブルだと言えるでしょう。

ジェイエステで1度脱毛を体験してみたら?

さすがに全身脱毛ほどではありませんが、足脱毛の費用も決して安価とはいえません。

「脱毛について何も知らないのに、いきなり高額なプランを契約するのはイヤ」という人は、試しにジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術してもらいましょう。

これはその名前の通り、両ワキを12回、そして全身の18パーツから3つだけ選んで1回施術できるというコース。ビックリするのはその値段で、たった300円です。

これで脱毛がどんなものか知った上で、改めて自分に合ったサロンやクリニックを選ぶのがいいでしょう。

脱毛が完了するまでの回数と日数はどれくらいなのか?

これまでの文章で、足脱毛の料金に関してご理解頂けたと思います。

では、脱毛が完了するまでの日数と回数はどれくらいなのでしょうか?

サロンとクリニックのデータを調べてみると以下のような結果でした——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

この結果を見て、「予想した以上に回数と時間がかかる」と思った人が多いかもしれません。

実は「体のパーツの中でも足は脱毛効果がすぐに現れる」と言われています。それでもこれくらいの多くの施術回数と長い期間が必要なのです。

なぜこうなるのかというと、現在の脱毛方法と、毛が生え変わる周期が関わっています。

それを以下のセクションで紹介しましょう。

多くの施術回数と長い期間が必要な理由とは?

脱毛方法から説明していきましょう。

現在、ほとんどのサロンとクリニックで用いられている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の光を肌に直接照射することで脱毛効果をもたらしています。

この光は当然ながら皮膚には無害です。ただ黒いメラニン色素に当たるとすぐに熱エネルギーに変化する特質を持っています。ですから照射によって黒い毛だけが高熱に包まれることになります。

その高熱は、毛根部位の毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった発毛組織を弱体化したり破壊したりします。
このことで発毛は阻害され、肌はツルツルの状態に変わります。

「それなら1度の照射だけで脱毛は完了では?」と思われるかもしれませんが、そう都合よくは運びません。というのもムダ毛は表面上同じに見えても、肌の奥では一本一本の状態が違っているからです。

すべての体毛は絶えず生え替わっており、そのサイクル(毛周期)は3つの時期に分けられます。それらは「成長期」「退行期」「休止期」と呼ばれますが、このうち光の照射によって脱毛効果があがるのは、「成長期」(毛が成長する時期)だけです。

残りの「退行期」(成長を終えた毛が毛乳頭から離れようとしている時期)、そして「休止期」(毛が毛乳頭から切れ、抜け落ちるのを待っている時期)は、施術しても意味がありません。

成長期の毛は施術後1週間から2週間で抜け落ち、1ヶ月から2ヶ月だけ無毛状態が続きます。

やがて毛が伸びてきたら、再び光を照射。これを1年以上続けていくと、毛そのものが弱体化し、本数も減少します。

このようにして毛根の発毛機能を一本一本弱めていき、ようやく施術が終わるわけです。

そのため、施術ペースはどうしてものんびりしたもの(1〜2ヶ月に1度)になってしまいます。

以上、脱毛に長い日数と多くの回数がかかる理由がお分かり頂けたでしょうか?

上記の事情で、施術のスピードアップはかなり困難です。「脱毛をするなら、1年以上はサロンやクリニックに通い続ける必要がある」ということを理解しておきましょう。

足のブツブツは脱毛の施術によって治っていく?

自分でムダ毛処理を続けていると、いつのまにか肌の奥に黒色のブツブツができることがあります。

これの正体はカミソリによって生じた埋没毛です。

カミソリで毛を処理していると角質層に多少の傷がつき、それをリカバーするために新しい皮膚が作られます。

しかし、その新しい皮がフタのように毛穴をふさいでしまうことがあり、そうなると毛が表皮の中で伸びていきます。これが埋没毛です。

見栄えの悪い埋没毛をなくすためにも、サロンやクリニックで脱毛してもらいましょう。自己処理の必要がなくなり、肌の状態が改善されます。

さらに保湿ケアに気をつけているサロンやクリニックなら、肌もたっぷりと潤い、治癒効果も倍増。

脱毛をしているうちに、足の肌は確実に美しくなっていきます。

足脱毛の疑問とその回答

Q.施術に出かける時は、服装はどんなものがベスト?

施術用のガウンを貸してくれるサロンやクリニックなら、もちろんどんな服で出かけてもオーケーです。

ガウンの用意がなく、私服のまま施術をおこなうところだと、下半身だけがショーツ姿になります。ですからワンピースでは具合が悪いでしょう。

また、マシンと専用ジェルを併用しているサロンやクリニックでは、ショーツにそのジェルが付着することがあります。替えのショーツがない場合に備えて、自分で持参する方が無難です。

Q.色素沈着している肌に光の照射はできない?

いくつかのサロンとクリニックに「どうですか?」と聞いてみたところ、「色素沈着があると施術はNGです」とのことでした。

上で記したように、脱毛マシンの光は黒いメラニン色素で熱エネルギーに変わります。色素沈着も黒っぽい色なので光の照射で熱が生じる可能性があり、下手に施術すると火傷を負うことになります。

どうしても施術してもらいたいなら、電気バリによる脱毛方法を選びましょう。
これなら色素沈着の影響を受けません。

Q.肌が乾いていると施術はできない?

サロンとクリニックに聞いてみたところ、いずれも「肌が乾いていると施術できない」との答えでした。

というのも、肌は乾いていると外部からの刺激に弱くなり、そのまま施術すると炎症などのトラブルが起こりやすくなるからです。

また、肌に傷がある場合も化膿する恐れがあり、施術は不可です。

施術後のアフターケアについて

施術してもらうと、肌の抵抗力は一時的に低下します。少しの刺激にも敏感になりますので、アフターケアをしっかり行ないましょう。

まず入浴は厳禁。どうしても汗や汚れを落としたい場合は、ぬるめのシャワーを浴びて下さい。汚れを落とす時も肌を刺激しないように注意が必要です。

また脱毛後の肌は相当乾燥しているため、炎症などを起こしやすくなっています。
施術直後は当然ですが、翌日も保湿には十分に気をつけ、肌に潤いをキープするようにしましょう。

保湿には普段から使用しているローションやクリームを塗ってもオーケーですが、敏感肌向けローションや乳液ならさらに効果がアップします。化粧水の後にミルクローションを塗れば、潤いを保つ点でベストと言えます。

以上、初心者向けの足脱毛の情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べてきましたが、美しい脚を保ちたいならムダ毛の自己処理は避けるべきです。
自己処理から卒業するために、自分に合った脱毛サロンや医療クリニックで脱毛してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*