脱毛でブツブツはできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブツブツができた女性

施術後になぜブツブツができるの?

現在、脱毛しようと思ったら、エステでの光(IPL)脱毛、医療クリニックでのレーザー脱毛のどちらかを選ぶことになります(ニードル脱毛もありますが痛みが激しいのでおすすめしません)。
そしてどちらも同じなのですが、施術を受けた後、赤や黒色のブツブツができたり、赤み・かゆみなどが起こることがあります。

施術に慣れていない場合、「店側(クリニック側)のミスでは?」と考えてしまいますが、脱毛処理では当たり前の副作用なので、それほど心配しなくても大丈夫です。

赤のブツブツができるのは、「やけど」「炎症」と同じ症状。

IPLやレーザーによる脱毛は、照射された特殊な光が毛根部分のメラニン色素に反応し、毛乳頭などの組織を弱体化する、というものです。

この時、毛根が高熱に包まれるため、それを取り囲む毛穴や皮膚にどうしても熱が移ってしまいます。そのせいで軽い炎症状態が起き、毛穴がブツブツの状態になるわけです。

これはあくまで一時的な現象。刺激を与えずにケアをしておけば、1週間ほどで元の状態に戻ります。

また、赤ではなく黒いブツブツが生じることもあります。ブツブツの正体は皮膚の中に残ったムダ毛。「埋没毛」と呼ばれています。

上述したように、光やレーザーは毛根部分に損傷を与えて発毛を阻害します。
その際、毛根から離れたムダ毛が毛穴の中に残ってしまうことがあり、これが黒いブツブツに見えるのです。

これも問題はありません。肌には古い角質などを体外に排出する働き(ターンオーバー)があるため、やがてこの残ったムダ毛も抜け落ちてしまいます。

ただ、問題はないといっても、施術の度に黒いブツブツが出る場合、光やレーザーの照射強度が肌に合っていないのかもしれません。

その際は、担当のスタッフに相談し、出力を加減してもらうようにしましょう。

武蔵野の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*