武蔵野でおすすめの脱毛サロン

脱毛の施術後は入浴を避ける方がいい?

入浴を避ける女性

脱毛の施術後は入浴を避ける方が無難

脱毛サロンや医療クリニックでの施術の後、「できるだけ今晩は入浴しないでください」とスタッフの人や医師から必ず注意を受けます。

「別に手術を受けたわけじゃないのに、なんでお風呂に入ることを禁じられるの」と、その注意を不思議に思う人もいるでしょう。

確かに施術そのものは単純なもので、脱毛マシンから照射される光もパワーが強いようにはみえません。そのため、その影響をつい軽く考えがちです。

しかし、脱毛エステで採用されているIPL(インテンスパルスライト)、あるいは医療クリニックで用いられるレーザー光は、見た目では思いもつかないパワーを秘めています。一瞬当てるだけでも、毛根部分に十分損傷を与えられるエネルギーが備わっているのです。

IPLにしろレーザーにしろ、毛に作用を及ぼす原理は同じです。どちらも肌に照射されると、毛根部分に含まれたメラニン色素に反応します。そこで光エネルギーは熱エネルギーに変わり、毛乳頭や毛母細胞といった組織にダメージを与えます。こうして発毛機能が損なわれ、毛はしばらく(あるいは一生)生えてこなくなります。

ただこの時、毛根だけにダメージを与えるならいいのですが、どうしても熱がこもり、毛穴や周りにある肌組織も多少の損傷を受けることになります。

もちろん、施術中やその後も冷やしたジェルなどで肌をクールダウンするため、それほどのひどい影響は及ぼしませんが、軽いやけどの症状を呈していることは確かです。

そのような症状を悪化させないためにも、入浴、飲酒、激しい運動といった、血行がよくなる行為はやめて下さい、といわれるのです。

肌をしっかりクールダウンしないとバリア機能が失われ、ひどい場合は炎症が起こったりします。
アドバイスを厳守して、無用な肌トラブルを避けるようにしましょう。

武蔵野の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の年齢について

脱毛人口が急激に増加

何歳から脱毛サロンで施術ができるの?

ここ数年、脱毛人口が急激に増え、新規のサロンが続々とオープンしています。

特に関東・関西の大都市圏では店舗が乱立気味で、顧客獲得にしのぎを削っています。

このような「脱毛ブーム」は最近になってさらに裾野の広がりを見せ、テレビコマーシャルの影響もあって、「サロンに通って脱毛したい」という中高生の女の子が増えているようです。

では、サロンの方では一体何歳から脱毛の契約を受け付けているのでしょうか?

色々な店の公式サイトをチェックしてみたところ、次のような結果となりました——

・銀座カラー……16歳以上

親の同意書が必要。さらに「2回以上生理が来ていること」が条件。

・キレイモ……制限なし

親の同意書が必要。

・シースリー……10歳以上

親の同意書と同行が必要。

・脱毛ラボ……12歳以上

親の同意書が必要。

・ミュゼ……高校生以上

「初潮があったこと」が条件。

以上チェックしてきたところでは、ローティーンでも親の同意書(及び同行)があれば契約してもらえるサロンと、高校生以上でないと契約できない、というサロンに大別できるようです。

銀座カラーやミュゼのように「生理の有無」を条件としているサロンもありますが、これは女性ホルモンのせいで施術の効果が変わってくるため、「ホルモンバランスが安定してから脱毛すべきだ」という方針なのでしょう。

ちなみに、サロンだけでなく、医療クリニックでも脱毛は可能です。調べてみると、クリニックの場合、基本的に親の同意書があれば年齢に関わらず施術ができます。

ただ、まだ体が成長の途中にあるローティンが施術を受けても効果は実感しにくく、医師の方でも「やめてはどうか」と事前に忠告することが多いようです。

やはり脱毛の施術を受けるなら、18歳以上になってからの方が無難でしょう。

武蔵野の人気脱毛サロンランキングTOPへ

TBC武蔵野で脱毛する

TBC武蔵野で脱毛する

TBC@武蔵野の情報をまとめました。
脱毛サロン選びの参考にしてください。

サロンのご予約もこちらから出来ます。

続きを読む