上手に医療脱毛クリニックを選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20年前、脱毛に対する世間のイメージは、良いとは言えないものでした。「勧誘がとにかくしつこくて悪質」「施術時の痛みがひどい」「肌のコンディションが悪くなった」などなど……。
しかも料金がとんでもなく高く、有閑マダム向けの美容術、という印象がぬぐえませんでした。

ところが今や十代の女の子でも施術に通うほど、脱毛は一般に普及しています。かつての悪い評判を思うと、隔世の感があります。

自分も一度チャレンジしたい、という人も増えていますが、脱毛するとなると行き先は2つに限定されます。
脱毛サロン、そして医療クリニックです。

有名タレントのCMの影響もあって、かつてはサロンに行く人が多かったのですが、最近では医療クリニックの利点も広く知られつつあり、どちらを選ぶか迷っている人も少なくないようです。

そこで、このサイトでは医療脱毛クリニックを特集することにしました。
そのメリット・デメリット、脱毛技術の特徴、そしてクリニックを選ぶ時に留意したい点など、様々な役立つ情報を取り上げていきます。

クリニックの脱毛はどんなものか

クリニックの脱毛
今のところ、日本で脱毛のプロが施術をおこなっているのは、サロンと医療クリニックしかありません。
もしクリニックの方を選ぶなら、その特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー光線を用いて脱毛

ムダ毛への特性を備えた光線で施術する点はクリニックもサロンも変わりません。しかし、クリニックの場合、威力の強いレーザー光線を用いるところが最大の特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性を見出したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所に在籍していたロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。2人が科学雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」(1983年)は、5000年に及ぶ脱毛の歴史に画期的な変化をもたらしました。

それまでの脱毛方法は、使い捨ての電極(プローブ)を毛穴に挿入する「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)が主流でした。これは1875年にチャールズ・E・ミッチェルというアメリカの眼科医が考案した「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、プローブから毛包に直流電流を流し、毛乳頭や毛母細胞を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの方法に改良を施して一般に普及させますが、なにしろ処理に時間と手間がかかり、それだけ施術コストも高額になってしまいます(例えば、両脇だけの施術でも20万円かかりました)。
しかも電極に直流電流を流す時に激烈な痛みが伴うため、顧客もかなりの肉体的忍耐を強いられます。

こんな状況を劇的に変えたのが、レーザー脱毛だったのです。

レーザー脱毛はその名の通り、レーザー光線の威力によって発毛を阻害する脱毛方法。レーザー光線というのは他のライトと違って多種の波長を含まない単色光で、発射されても拡大はせず、どこまでも一直線に進んでいきます。

最も際立った特性は、レーザーが波長に応じて特定の色だけに作用する、という点。つまり、波長を調節したレーザー光線を色のついた細胞に照射すると熱エネルギーに変わり、その細胞に大きな損傷を与えられる、ということです。

脱毛に用いる際は、毛に3%だけ含有されているメラニン色素に作用するよう、気体や結晶のレーザー媒質によって波長を700nm〜1000nmの間に変えます。
この状態でレーザー光線をムダ毛に照射すると、ムダ毛に吸収されて熱エネルギーに変化。特に毛根は65度から70度の高熱に包まれます。

この高熱が発毛を促進する組織、つまり毛母細胞や毛乳頭を破壊し、肌から毛が生えなくなるのです。

この方法の良い点は、あくまで破壊されるのは毛根のみであり、表皮の他の組織には損傷を与えない、というところです。 施術にあたってはレーザー光線を当てるだけなので、効率的にも文句なし。美容電気脱毛のような厄介な手間はいりません。

開発当時は白人向けのルビーレーザーしかなかったのですが、やがてアレキサンドライトという日本人向けのものが登場。
今はダイオード、YAGなど、様々な媒質を使ったレーザーが増え、毛の性質や部位に応じて変えられるようになりました。

2)永久脱毛ができる

脱毛に関してはまだまだ認識不足の人が多く、「脱毛マシンで光を1回照射すれば、その部位は一生ツルツルになる」と誤解している方までいます。

しかし、発毛を促す毛球部分は丈夫で、多少の攻撃を受けてもその機能は保持されます。1回の照射ではダメージの程度もわずかですし、さらに毛には毛周期と呼ばれる発毛サイクルがあるため、それに応じて施術をおこなう必要があります。そうやって施術を2ヶ月に1度くらいの頻度で続けるうちに毛の本数が減っていき、数ヶ月〜数年後にようやく脱毛が完了するのです。

サロンでもメラニン色素にアプローチするライトを用いますが、そのパワーが抑えられているために、発毛機能は一時的に衰えるだけです。
施術から数年も経つと毛球部分は回復し、再びムダ毛が伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックではパワーのあるレーザー光線を使うため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)医師資格がないと施術ができない

上で述べた通り、サロンの脱毛方法は技術的にはクリニックのものとそっくりですが、使っている光が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。
サロンの光とレーザー光線を威力の点で比較すると、銃弾と砲弾ほどの相違があります。サロンの脱毛士に国家資格がいらないのも、施術時の危険がほとんどないためです。

一方、レーザー脱毛は使う光線が身体組織を死滅させるパワーを持っているので、少しのミスが重篤なトラブルにつながりかねません。そのため施術をおこなうのは、万一の事故に対処できる医師に限られています。もちろん、ケガを治療できる設備・器具などもそろっているので、その点でも心配無用です。

医療脱毛の良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

・施術にあたるのが医師なので、万が一トラブルがあっても対処してもらえる
・サロンよりも脱毛効果が高く、毛深くてもツルツルにできる
・脱毛に必要な日数が短めで、サロンほど施術回数も多くない

難点

・安いプランの多いサロンより、施術料がかなり高い
・レーザーを照射した時の痛みが激しく、施術がイヤになる
・毛膿炎、炎症などの肌トラブルが起こる場合がある

医療クリニックと脱毛サロンの相違点とは?

相違点
これまでもクリニックと脱毛サロンの違いについて触れましたが、ここで改めて相違点をまとめてみます——

料金

昔からサロンは大きな広告を女性雑誌に出していますが、そこには派手な活字で「お得なキャンペーン」「月末まで限定の価格」などと書かれています。
これで分かる通り、サロンの第一のセールスポイントとなっているのはその料金の安さです。

一方、クリニックは医療機関ということもあってか、施術料が大胆にディスカウントされることはほとんどありません。

ここで、サロン、医療クリニックそれぞれの脱毛費用がいくらくらいなのか、一覧にしてみましょう。

まず脱毛サロンから。全国各地に多くの店舗がある大手サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を出してみたところ——

・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

となりました。

次に医療クリニックです。こちらは検索でよく上位にくる20院の平均施術料を計算しました——

・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

比較すると一目瞭然、やはり医療クリニックの方が脱毛サロンよりずっと料金が高くなっています。特にその差が激しいのが顔脱毛で、クリニックの施術料はサロンの3倍を越えています。

効果

上で述べたように、サロンとクリニックでは脱毛に使う方法が異なるため、効果に関しても相当な差が出ます。

いま主流となっているサロンの脱毛方法は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つです。

IPL脱毛はサロンで最もよく使われている脱毛方法で、フラッシュ脱毛、あるいは光脱毛とも呼ばれます。ワンショットでの処理範囲が大きく、背中、脚、腕といった広いパーツに最適です。照射出力も抑え気味なので、痛みもそれほど強くありません。

他の方法も良い点悪い点が色々ありますが、覚えておきたいのはサロンの脱毛が正確には「減毛」「抑毛」だということ。部位が無毛になったとしても、その効果は数年程度しかもちません。

一方、医療クリニックで採用されているレーザー光線はサロンとは段違いのパワーを秘めていて、毛が再び伸びる可能性は低くなります。

保証

保証だけは、クリニックと脱毛サロンの両者でほとんど差はない、と言えます。

結果に納得がゆくまで施術を継続できる「永久保証」、有効期限を一定期間延ばせる「期間保証」、中途解約の際に前払金の一部を返してくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方で受けられます。

ただ、条件・保証の種類などは各クリニックによって違う部分があるので、公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの相違点について考える時、結構盲点となるのが支店(支院)の数です。

「それってどこが重要?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは、十分な成果があがるまでどうしても長い時間がかかります。
狭いパーツでも数ヶ月、さらに大掛かりなコースになると、数年間はサロンやクリニックに通い続けなければなりません。

なにしろ長い日数なので、人によっては生活の状況が変わってしまうこともあります。引っ越しや転勤がそれに当たりますが、引越し先にそれまで通っていたクリニックの支院がないため、前払いしておいた費用がムダになるケースも出てきます。

狭いパーツなら少額ですむかもしれませんが、全身脱毛のような手間のかかるプランだと、前払い金の総額が20万円以上になることも普通です。
できるなら、引っ越し先でもそれを活かしたいでしょう。

有名サロンなら全国にチェーン展開をしているため、転居先でも施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックは支院があっても数が少なく、引っ越ししてしまうと前払い金がムダになってしまうパターンが多いようです。

ということで、もし引っ越しや転居の多い人が施術を受けるなら、クリニックよりも大手サロンの方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ際のポイント

クリニックを選ぶ際のポイント

なんといっても施術コストが大事

クリニックで施術を受けよう、と決めた時、まず知りたいのはその料金でしょう。

すでに述べたように、医療クリニックはサロンに比べて料金が高いのですが、たとえば「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛が相当お得になっています。特に両脇など、施術料はたった1,000円です(回数は6回)。

このように特定の部位をリーズナブルに脱毛してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひネットなどでチェックしてみて下さい。

痛みを軽減してくれるか?

レーザー脱毛の大きなデメリットが、施術の時の痛みです。
最近では何とかそれを軽減しようと、新しく考案されたマシンを採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では最新機器の「ジェントルレーズプロ」を導入しています。これは部位を冷やすことで痛みを軽くするというもの。おまけに麻酔代も無料になっていますから、痛みが苦手な人にはピッタリでしょう。

支院の数はどれだけか?

クリニックの支院の数も大事なポイントです。

顧客が多いということで安心できますし、予約も入れやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国に支院があり、転居後も施術を続けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックの選び方のコツ、その脱毛技術などを詳しく解説してみました。いかがだったでしょうか。

「費用が高い」「施術の痛みが怖い」などの理由から医療クリニックを敬遠する人も少なくないと思います。
しかし脱毛効果を第一に求めるなら、やはりサロンよりクリニックがおすすめです。

どうかこのサイトを参考に、自分にふさわしい医療クリニックを見つけて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*