産毛の悩みを顔脱毛で解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔という部位を体の中で一番大切に感じている人も多いでしょう。
個性というものが一番現れるところですし、他人へ自分の魅力を最もアピールできる箇所でもあります。

特に女性にとっては、他人の視線を意識するパーツ。そのお手入れもとりわけ念入りになってしまいます。

ところで、肌のケアを毎日熱心に行っていると、「邪魔だなあ」とつい感じてしまうものがあります。

それは額、頬、フェイスラインなどに伸びている産毛——。

特に鼻の下の産毛は悩みのタネ。そのままだとヒゲに見えてみっともないので、カミソリや毛抜きなどで自己処理するのですが、色素沈着などのトラブルを起こす場合もあります。

さらに産毛は化粧のノリを悪くする一因でもあります。常日頃から美しさを心がけている女性にとってはとにかく目障りな存在でしょう。

こんな悩みをなくそうと、最近はサロン通いをして脱毛してもらう人も多くなっています。

かつての顔脱毛は、料金が手頃とはとても言えませんでした。
顔は「施術の難しい箇所」といわれ、キャンペーンなどでも対象となりにくかったのです。

しかし最近は施術方法の変化もあって料金もディスカウントされ、手軽に脱毛できるようになっています。

とはいっても、これまでサロンと無縁だった女性にとって、契約の上で施術に通い続けるというのは何となく不安を感じてしまいます。

そこでここでは顔脱毛についての詳細な情報を提供し、顔脱毛で評判になっているサロンも紹介してみることにしました。

このページが、脱毛しようか悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

現在、脱毛方法はどうなっているのか?

顔脱毛について紹介していく前に、まず現在の脱毛がどんなものなのか、簡単に述べておきましょう。

昔、脱毛の施術というのは結構大変でした。プローブと呼ばれる電気針を使って、スタッフがムダ毛のひとつひとつの毛根を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」と呼びます)。

これは効果は優れているのですが、何しろ毛穴に針を突き刺していくわけですから、かなりの痛みがあります。
おかげで、「脱毛は痛いものだ」というイメージが一般に広まってしまいました。

やがて「時間がかかりすぎる」という理由もあってこの美容電気脱毛は廃れました。では現在どんな方法で施術が行われているかというと、ムダ毛のある肌にレーザー系の光を直接当てるという「光脱毛(フラッシュ脱毛)」が主流になっています。

光(フラッシュ)にも様々な種類があります。そのうちサロンで一番よく使われているのは「インテンスパルスライト(IPL)」。

このライトは肌には影響を与えず、メラニン色素のある毛根部分で光から熱に変わります。
そしてその高熱により、毛母細胞、毛乳頭などの発毛組織に大きなダメージを与えるのです。

もともとIPLは、様々な肌トラブルの治療にエステで使用されていたもの。脱毛用に流用された後でもシミやニキビ跡などのケアに効果があるので、脱毛とともに肌の状態も改善されてきます。

最近ではIPLのほかにも、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法などの新方式がサロンに導入され、施術方法にもバリエーションが出てきました。

それぞれの方式には長所短所があるので、その詳細をチェックした上で自分にふさわしいものを選ぶといいでしょう。

施術可能な部位はサロンごとに異なる

まず、顔脱毛で注意すべきなのは、各サロンによって施術ができる部位が違う、ということ。

ある業界のアンケートによれば、顔脱毛で人気のある部位は、眉間、鼻の下、アゴとなっています。
しかし、この3つに関しても、施術できるかどうかは店次第です。

例えば、以下のような有名サロンでも——

ミュゼ……顎、鼻下

脱毛ラボ……もみあげ、鼻下、顎

ジェイエステ……目元、頬、鼻下、口周り、顎、フェイスライン

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

など、施術が可能な部位は店によって違います。

ということで、「顔脱毛も可能」とサロンの宣伝にあったとしても、希望する部位をすべて施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで行ったのに「そこは無理です」などと言って施術を断られるとガッカリですので、施術部位については事前にサイトなどでチェックしておきましょう。

顔脱毛の料金はいくらぐらい?

「料金はどれくらいかかるのか?」……

初心者が顔脱毛のことを考えた時、最初に不安を感じるのはその点かもしれません。

有名サロン20社のデータから顔脱毛の平均料金を出してみると、「41,033円」ということになりました。

この金額を「高い」と考えるのか「安い」と考えるのか。そこは脱毛への熱意などによって異なるでしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンだけでなく、専門の医療クリニックでも行われています。

こちらも資料によって平均料金を算出してみたところ「131,325円」という結果になりました。

つまり医療クリニックで脱毛すると、サロンの3倍以上の費用がいるわけです。

ただクリニックでは「永久脱毛」ができる、というメリットもあり、ムダに料金が高いわけではありません。

サロンにするかクリニックにするか——。料金と結果をハカリにかけ、自分の希望に合致した方を選んで下さい。

初心者なら「お試しコース」がオススメ

サロンのプランにも色々ありますが、初心者に推薦したいのは「お試しコース」です。

料金が安いので、これでそのサロンの脱毛技術、サービス、接客態度などをチェック。
その後で長期のプランを契約するのがベストです。

なお、申し込みについては、直接店に電話するより、特典のついているネット経由で行いましょう。まず希望するサロンのサイトへ行き、料金などを調べた上で手続きします。

その後、サロンに行くことになりますが、まずスタッフと対面してカウンセリングを受けます(この料金はほとんどのサロンで無料となっています)。

内容は、こちらの希望条件や部位の聞き取り、おすすめプランの説明、そしてアンケートなど。よい機会なので、

「脱毛完了までどれくらい通えばいいのか?」
「使われている光脱毛器の種類は?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、色々と質問してみましょう。

初日はこのカウンセリングだけで終了。後日予約の上で、改めて施術を受けることになります。

施術の際は——

・スタッフの接客態度はよいか?
・施術にともなう痛みはどの程度か?
・術後の保湿ケアはキッチリ行われているか?

などの点をしっかりチェックしましょう。

これで高評価なら、そのまま正規プランを契約することになりますし、評価が低ければそのまま終了。後者の場合、他のサロンを調べ、またその店の「お試し」に出かけることになります。

最近はサロンの数も脱毛ブームのせいで増えていますから、自分にふさわしい店に必ず出会えるはずです。

顔脱毛するなら「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で人気を集めているサロンを2つ紹介します。

まずは「キレイモ」。渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなどの有名タレントを起用したCMでおなじみです。

ここの顔脱毛の一番の特徴は、他のサロンより施術可能な部位が多いところ。他店では自分の希望する部位が脱毛できず、結果的にキレイモを選ぶ女性が多いようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで人気を呼んでいるのが「フェイス6」というプラン。1回あたりの料金が2,500円というのですから、大人気になるのも当然です。「なるべく安価で顔脱毛がしたい」という人には最適。

またヒアルロン酸のジェルを使っていますから、施術中に潤いが失われがちな肌をしっかりとケアしてくれます。

「サロンが多すぎて、どこに通えばいいのか分からない……」という人は、ぜひこの2つの店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛を経験するうちに生じがちな疑問点や、気をつけるべきポイントについて述べていきましょう。

施術は歯の治療中、避けるべき?

毛というのは再生力が意外に強く、完全に生えないようにするのには日数がかかります。最低でも数ヶ月はサロン通いを続けることになるため、その期間中に歯を治療してもらうことがあるかもしれません。

そんな時、日を空けずに歯の治療と脱毛を行なうケースもあるでしょう。2つがバッティングして何か問題が起きないのでしょうか。

サロン側に訊いてみたところ、「通常の歯の治療なら別に問題はありません」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めについては、注意が必要です。

ごくまれですが、脱毛の施術中「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起きることがあります。これは光の照射によって、むくみ、かゆみ、水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めの中にはこの症状を起こす成分が入っていることがあり、施術前はその摂取を控える必要があります。

トラブル回避のためにも、うっかり痛み止めを摂取したらスタッフに必ず申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯がある場合、光の照射によって痛みが激しくなることもあります。
それがイヤだという人は、口付近の施術は避けた方がいいでしょう。

また、歯列矯正の器具をはめているときは、光がそこに反応して熱が出ることがあります。矯正中も、口周りの施術は後回しにした方が無難です。

ただ、器具がプラスチックやセラミックで出来ているなら問題ありません。

このように施術の条件は複雑なので、必ずスタッフと相談の上で脱毛して下さい。

ニキビがあると施術は不可に?

光を照射すると毛穴に高熱が発生するため、体調がそのことで悪化する場合もまれにあります。それを避けるため、施術については色々と条件が課せられています。

たとえば極端に肌が乾いていると施術できませんし、意外なことにムダ毛が伸びていても施術は不可になります。

ではニキビができているとどうでしょうか?

サロン側に質問してみると、ほとんどの店で施術はオーケーでした。

というのも脱毛器で使われるIPLという光は、毛母細胞や毛乳頭に損傷を与えるだけで、ニキビには害を及ぼしません。そのまま施術しても問題はないのです。

ただ炎症が進んでいる場合は話が違ってきます。
照射によって症状が悪化することもあるので、施術するかどうかはスタッフの判断を仰いだ方がいいでしょう。

脱毛の影響でシミやそばかすができる?

いま脱毛方法でメインとなっているのは、メラニン色素に反応する特殊な光を肌に当てるというもの。

「そんな特殊な光が当たったら、肌にそばかすやシミができるのでは?」と不安を覚える女性もいるかもしれません。

確かにシミやそばかすの大きな原因は、紫外線による日焼け。施術でのライトも光度が大きいので、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と考えがちです。

しかし、光脱毛機は美肌ケアに用いられてきた経緯があります。肌に対して悪影響を与えるものではありません。

「でも『脱毛の結果、シミができた』という口コミをネットで見かけたけど?」と反論する人がいるかもしれません。

その現象については、理由が2つ考えられます。

まず、肌の深層のシミの予備軍が、ターンオーバーが進んで表に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が促進され、深層にあったシミが肌に出てくるのはよくあることです。

ただ、それらのシミのほとんどはターンオーバーがさらに進行すると消えてしまいます。

あと施術後に肌に傷がつき、それが痕になる場合。これをシミだと誤解する場合があります。

ともかく、脱毛でシミや傷ができるわけではありません。安心して施術を受けて下さい。

サロンに行く時、メイクはダメ?

顔脱毛を始める際、女性が不安を覚えることのひとつは、

「店にはスッピンで行かないといけないのか?」

ということ——。

素肌のキレイな10代の女の子なら、もちろん問題はありません。しかし、普段からメイクが欠かせない大人の女性にとって、スッピンでサロンに出かけるというのは結構キツいことです。

先に結論を言うと、メイクしていても問題ありません。

店にはブースがあり、施術前に化粧を落とせます。しかもサロンの中には、スタッフが無料でメイクをオフしてくれるところもあります。

ただ、いくらブースが備わっているといっても、あまりに濃い化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかってしまいます。

やはり化粧は薄めにし、オフの時間を節約するようにしましょう。

以上、顔脱毛の情報や疑問点などについて色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の情報を参考に、サロンで顔脱毛を受けてみて下さい。
脱毛が進むにつれ、肌のコンディションも以前より良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*