家庭用脱毛器を購入する際に損をしないポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は男女問わず、脱毛する人が増えてきました。有名なサロンや医療クリニックなどは予約で一杯。
さらに家庭用脱毛器も非常に売れていて、大きな市場を形成しているそうです。

「自分も脱毛器を購入してみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ高い器具ですし、選ぶのに迷うほど種類があります。買ってガッカリしないためにもその特徴やメリット・デメリットについて、しっかり確認する必要があります。

そこで、このページを作りました。
家庭用脱毛器を買いたいという人のために、その選び方のポイントなどについて解説していこうと思います。

家庭用脱毛器は画期的な器具

家庭用脱毛器
ムダ毛処理のツールは色々普及していますが、それらは2つに分けられます。つまり、カミソリ、電気カミソリ、クリームなど、ムダ毛の一部だけを処理するものと、毛抜き、脱毛テープ、ワックスなど、毛根からムダ毛の全てを引き抜くものです。

これらのうち、カミソリ類は「除毛」にあたり、本当は「脱毛」とは言えません。
そして毛抜類は「脱毛」といえば「脱毛」なのですが、その後もムダ毛は伸び続けます。

ということで、これまでムダ毛の発毛を防ぐには、サロンや医療クリニックで施術を受けるしか手がありませんでした。

そんな時に発売されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛を処理したい人にとっては朗報でした。

何しろサロンや医療クリニックでムダ毛処理してもらう場合、施術終了までに最低でも数ヶ月、下手をすると数年はかかります。その間にやめる人も多いですし、その総費用が10万円以上に及ぶことも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、はるかに安価で処理ができるのですから、あっという間に機種が増えたのも当然でしょう。

ただ、1番リーズナブルな機種でも2万円弱はするので、いざ買う段になると、どれを選ぶか慎重になってしまいます。

以下の選び方のポイントやその特徴をしっかり理解して、自分の目的にふさわしい機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に留意したいポイントとは?

留意したいポイント
家庭用脱毛器は、機種や方式の違いが効果にもハッキリあらわれる商品だと言われています。「バーゲンセールで安売りをしていたから」「色やデザインがすごく気に入ったから」といった安直な理由で買ってしまうと、結局失望するケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、留意したいポイントをあげてみます——

使い勝手が良いかどうか

家庭用脱毛器に関する感想をネットで調べてみると、

「『効率的にムダ毛の手入れができる』という評判だったので買ってみました。でも照射部分が私には重すぎて、少しの時間使うだけで手がだるくなります」

「照射口が小さすぎて、ワンショットで処理できる範囲が限られています。おかげで広い部位の手入れにはどうしても時間がかかります」

「思ったよりも動作音がうるさく、近所に気をつかって夜中には使えません」

などの「ガッカリ」口コミが結構ありました。このように「使用感が悪い」という不満から、せっかく買ったにもかかわらずいつの間にか部屋の隅に置きっぱなしになっている、という人も少なくないようです。

こんな羽目にならないよう、照射面積、最大出力レベル、連射機能等についてはあらかじめ公式サイトでしっかりチェックするようにしましょう。また家電店やディスカウントショップが近くにあるなら、試しに手にとってみて、一体重さがどれくらいなのか確認した方が無難です。

コストパフォーマンスは優れている?

脱毛器の購入でよくあるのは、本体は安い値段で手に入れたのに、消耗品のカートリッジのお金が思った以上にかかってガッカリしてしまう、というもの……。

家庭用脱毛器は1万円台のものから、10万円以上の高級品まで色々な機種がそろっていますが、使用するにつれて消耗していくカートリッジの存在を忘れてはいけません。

購入前には、本体価格のほかに、カートリッジのコスト、そしてその交換頻度について、きちんとチェックしておきましょう。

あらかじめ脱毛効果を知っておく

脱毛サロンと医療クリニックでは施術に用いるマシンの方式が異なりますが、家庭用脱毛器でも機種によって違う方式が採用されています。
現在よく用いられているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式ですが、それぞれに長所・短所があります。

どれだけ効果をあげたいのか、あるいはどのパーツを処理したいのかは使用する人によって様々ですから、各方式の特徴を分かっていた方がいいでしょう。

また、「1回の処理に必要な時間はどれくらいか」「顔・VIOなどの敏感なパーツにも使用できるか」といった細かいデータについても、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つのファクターに関しては、必ず留意しておきましょう。

家庭用脱毛器の使用に関するメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・サロンや医療クリニックの2分の1以下の費用で脱毛ができる
・わざわざ施術場所に出かけていく必要がない
・他人に見られずにムダ毛を手入れできる

デメリット

・背中、お尻、うなじなどの部位は手伝いがいる
・ひとりで作業をするために途中でイヤになることがある
・肌トラブルの予防と対処をひとりでやらなければならない

永久脱毛は家庭用脱毛器でおこなえるのか?

永久脱毛はおこなえるのか?
実はサロンやクリニックのマシンとほとんどの家庭用脱毛器は、脱毛のメカニズムという点では同じです。ただ、重篤なかゆみ、火傷といった肌トラブルを防ぐために照射パワーがかなり控えめに抑えられています。ですから、永久脱毛は不可能です。

なお、意外に分かっていない人が多いのですが、サロンでの脱毛というのは正確に言えば「抑毛」です。発毛器官は破壊されないため、数年経てば毛は再び生えてきます。

永久脱毛を希望する人は、医療クリニックでレーザー脱毛の施術を受けましょう。

脱毛の方式ってどんな種類がある?

どんな種類がある?
現在、家庭用脱毛器の方式は数種類ほどです。どんなものなのか説明してみましょう——

フラッシュ式

これはサロンの脱毛方法と同じもので、家庭用脱毛器のほとんどはこの方式を採用しています。IPLという特殊なライトを肌に直接照射すると、表皮の奥にある毛根が高熱に包まれて弱体化。
日数を置きながら照射を続けているとムダ毛が薄くなり、本数も減っていきます。

1番の長所はライトの照射口が大きく、ワンショットで処理できる面積が広いこと。そのため、手入れが大変スピーディにできます。打ち漏れの可能性も低いので、腕・足・背中などの大きな部位を処理するにはピッタリです。

照射出力もそれほど強くないので、肌トラブルの心配はまずありません。もちろん痛みもごく軽微です。

デメリットとしては、脱毛を完了するまで長い時間が必要なことですが、それでも約1年間の照射で肌がほとんど無毛状態になります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックと同じ方式です。直接肌に照射されたレーザーライトが、ムダ毛のメラニン色素だけに反応。その結果、毛乳頭、毛母細胞といった部位にダメージが及び、発毛機能が衰えます。

ライトが広がらないために脱毛効果が高く、顔の一部、指などの狭い部位、それに太い毛を処理したい人に最適です。

脱毛完了に必要な日数も短か目で、照射を2週間に1度続ければ、3ヶ月ほどで効果が実感できます。

ただ広いパーツだと、照射を終わらせるのに長い時間がかかりますし、打ち漏れも生じやすくなります。

また欠点として厄介なのが、レーザー照射時の「痛み」です。ネットでも「予想以上の痛みで思わず声が出た」「照射直前は心臓がドキドキする」といった感想が目立ちます。

特にデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇といった部位は相当痛みを感じるので、照射出力を控え目にした方がいいでしょう。

また、レーザーがホクロ・シミに反応することがあるので、シールなどで隠すか、照射自体を避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセットに似たピッカーという先端でムダ毛をはさみ、そこに弱い電流を流して処理をおこないます。光は使わないので、目に近いパーツ(眉、額の生え際など)のお手入れができます。

また、光では処理不可能な毛(日焼け肌のムダ毛、白髪)も、高周波を使えば対処可能です。

ただ、処理は1本ずつなので、広い部位向きではありません。
手入れを速くおこないたい人には、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、すべて毛根に損傷を与えて発毛を阻害します。一方、「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」はそんな機能はありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線でムダ毛を焼いてしまうというものです。あくまで皮膚から外へ伸びている部分を処理するだけ(つまり除毛)で、発毛機能にはダメージはありません。

ただ、使うと毛先が丸くなるため、カミソリのチクチク感がイヤな人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーにムダ毛を絡ませて引き抜きます。

つまり毛抜と同じわけですが、手早く広範囲を処理できるのが良い点です。もちろん毛穴や肌へ刺激を与えるため、おすすめはできません。

主な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買う時に最初に気にかかるのが、その値段だと思います。

そこでネットのデータを元に、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(照射面積と1ショットあたりの単価のデータも付記します)。

・ケノン
価格……69,800円(税込)
照射面積……9.25平方cm
1ショットあたりの単価……0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格……49,299円(税込)
照射面積……6平方cm
1ショットあたりの単価……1.78円

・4x
価格……38,999円(税込)
照射面積……1平方cm
1ショットあたりの単価……0.08円

・ラヴィ
価格……40,000円(税込)
照射面積……6平方cm
1ショットあたりの単価……0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格……116,640円(税込)
照射面積……12平方cm
1ショットあたりの単価……0.05円

・ルメア・プレステージ
価格……57,998円(税込)
照射面積……4平方cm
1ショットあたりの単価……0.20円

・光エステ
価格……25,200円(税込)
照射面積……5.4平方cm
1ショットあたりの単価……0.29円

最も安価なのは光エステの25,200円となります(ちなみに脱毛器と名付けられている製品にはさらに格安なものもあるのですが、それらは正確には脱毛器と呼べないのであえて除外しました)。

最も高価なのはレイボーテグランデの116,640円。ハイスペックの機種と言えます。

また上で説明したように、購入する際はカートリッジのランニングコストを考慮することが必要です。ここには書きませんでしたが、カートリッジの価格がいくらなのか、自分で調べておきましょう。本体価格に加えてカートリッジの値段を比較することで、本当の価格差が分かります。

そして、1ショットあたりの単価も重要です。上の数字を見て、「1ショットあたりのコストの差なんて、ほとんどない」と高をくくってしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回だけでは完了せず、2週間ごとにライトを照射し続ける必要があります。つまり、ワンショットのわずかの違いでも、何回も繰り返されることで思っても見なかった大きな差となります。

最後に「照射範囲」も参照しなければならない数値です。
1回の照射範囲が広くなればなるほどショット数は減っていきますから、カートリッジのコストも安くなります。

上のデータでは4xだけが照射範囲の数字が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式を採用しているからです。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンの数字とは差がありすぎて、比べられないくらいです。

広い部位のムダ毛を処理したい人など、各商品の照射の単価と面積がどれくらいなのか、よくチェックしておきましょう。
その上で、なるべくリーズナブルなものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴、機種の選び方のポイントなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べてきたように、家庭用脱毛器はその脱毛方法や機種によって用途や効果が大きく違います。また本体に加え、消耗品であるカートリッジの値段をしっかり調べておくことも重要です。

ぜひ自分にふさわしいものを選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*