脱毛の施術後は入浴を避ける方がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

入浴を避ける女性

脱毛の施術後は入浴を避ける方が無難

脱毛サロンや医療クリニックでの施術の後、「できるだけ今晩は入浴しないでください」とスタッフの人や医師から必ず注意を受けます。

「別に手術を受けたわけじゃないのに、なんでお風呂に入ることを禁じられるの」と、その注意を不思議に思う人もいるでしょう。

確かに施術そのものは単純なもので、脱毛マシンから照射される光もパワーが強いようにはみえません。そのため、その影響をつい軽く考えがちです。

しかし、脱毛エステで採用されているIPL(インテンスパルスライト)、あるいは医療クリニックで用いられるレーザー光は、見た目では思いもつかないパワーを秘めています。一瞬当てるだけでも、毛根部分に十分損傷を与えられるエネルギーが備わっているのです。

IPLにしろレーザーにしろ、毛に作用を及ぼす原理は同じです。どちらも肌に照射されると、毛根部分に含まれたメラニン色素に反応します。そこで光エネルギーは熱エネルギーに変わり、毛乳頭や毛母細胞といった組織にダメージを与えます。こうして発毛機能が損なわれ、毛はしばらく(あるいは一生)生えてこなくなります。

ただこの時、毛根だけにダメージを与えるならいいのですが、どうしても熱がこもり、毛穴や周りにある肌組織も多少の損傷を受けることになります。

もちろん、施術中やその後も冷やしたジェルなどで肌をクールダウンするため、それほどのひどい影響は及ぼしませんが、軽いやけどの症状を呈していることは確かです。

そのような症状を悪化させないためにも、入浴、飲酒、激しい運動といった、血行がよくなる行為はやめて下さい、といわれるのです。

肌をしっかりクールダウンしないとバリア機能が失われ、ひどい場合は炎症が起こったりします。
アドバイスを厳守して、無用な肌トラブルを避けるようにしましょう。

武蔵野の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*