産後の脱毛の方法と影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後に脱毛施設に通っても、基本的に産後や授乳中の女性客の利用を断れることが多いです。

なぜなら、産後は妊娠の影響によりホルモンバランスが乱れるので、肌が敏感になる上に乾燥しやすいからです。

けれども、光脱毛やレーザー脱毛は母乳には特に影響を与えません。

それは、肌に照射される光やレーザーは黒い色素に反応するので、母乳には反応しないからです。

その上、光やレーザーは肌の深い部分に届くことはなく、基本的に肌の浅い部分にしか届かない仕組みとなります。

よって、産後であっても体の奥深くまで光やレーザーが届く心配がないので、ホルモンバランスが乱れていても母乳に悪影響を与えることがありません。

ただし、産後の肌は外部からの刺激を受けやすく紫外線の影響も受けやすいので、脱毛施設で脱毛を受けると火傷になりやすいです。

ホルモンバランスが改善されてから脱毛するのが基本

とはいえ、母乳に影響を与えないので、赤ちゃんの面倒を見るのに支障が出ることはありません。

ちなみに、産後から半年経つと女性ホルモンの割合が増してホルモンバランスが整う状態となります。

なので、産後に脱毛施設に通って脱毛を受ける場合は、ホルモンバランスが改善されてから行くのが基本となります。

また、ホルモンバランスが整っても母乳には影響がないので、脱毛施設での脱毛によって母乳に変化が現れることもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*