埋没毛の原因は誤った自己処理にあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛は、見栄えが悪いのはもちろんのこと、皮膚の中で毛が伸びてしまうことにより、痒みや様々な皮膚トラブルを引き起こす原因にもなります。

ムダ毛の処理をするなかで、この埋没毛に悩まされる女性は多いのではないでしょうか。実はこの埋没毛は、誤ったムダ毛の自己処理が原因で引き起こされるのです。では、ムダ毛の誤った処理方法とはどういったものなのでしょうか。今回は、埋没毛の原因と対策について、詳しくご説明します。

ムダ毛処理をする際、誰でも剃り残しがないように、しっかりと綺麗に剃りたいと思ってしまいますよね。実はこのカミソリでしっかりと剃ろうとする行為が、埋没毛の原因となっているのをご存知でしょうか。

しっかり剃ろうとすることは、カミソリで何度も皮膚を擦ることになります。これによりカミソリ負けが起こり、皮膚が傷ついて分厚くなってしまうのです。

埋没毛を防ぐために

皮膚が分厚くなってしまうと、毛が毛穴からうまく出てこれなくなり、これが原因となって埋没毛が起こってしまいます。

また、毛抜きで毛を無理やり引っこ抜く行為は、カミソリ以上に皮膚に負担を与える行為であり、これも埋没毛の原因となってしまいます。

さらに、埋没毛を発見した場合に毛抜きでその埋没毛をほじくり出す行為は、もっとも皮膚を傷つけ、埋没毛の悪化を招きますので避けなければなりません。

埋没毛を防ぐためには、電動シェーバーで肌を撫でるようにそっとムダ毛処理をするのがオススメです。また、処理をしたあとにはしっかり保湿をし、肌をいたわってあげましょう。

いかがでしたか?これからは肌を傷つける誤った自己処理をやめ、肌に優しいムダ毛処理を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*