ワキガになる原因と脱毛することでワキガを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
脇には、一般の汗を出すエクリン汗腺と、一般の汗より粘り気のある汗を出すアポクリン腺が存在します。

そのため、エクリン汗腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗が混じることにより、脇から出る臭いが強まります。

なぜなら、ワキガの臭いは脇毛に溜まっているアポクリン腺の分泌物が雑菌により分解されることで発するからです。

また、エクリン汗腺から出る汗は水分を豊富に含んでいるので、ワキガの臭いを強める原因となります。

その上、脇毛が長いと雑菌が多く繁殖するので、脇毛が生えていない人と比べるとワキガの臭いがキツくなる傾向にあります。

なので、脇毛を脱毛することで脇毛を短くするとワキガの臭いを抑えることができます。

けれども、脇毛を自己処理する際は剃刀だと脇の肌を傷つける可能性があり、毛抜きだと脇が肌荒れを起こしやすくなります。

なぜなら、脇は皮膚が柔らかい部位なので、肌に刺激を与えると肌荒れしやすいからです。

脱毛でワキガの臭いを完全に治すことはできない

その上、脇毛を自己処理しても脇毛はまた生えてくるので、ワキガの臭いを完全に治すことができません。

よって、脱毛によってワキガの臭いを完全に治す際は、脱毛施設に通って脇毛の毛根を破壊するのがお勧めとなります。

脱毛施設での脱毛において、光脱毛やレーザー脱毛は自己処理と違って深い毛根を破壊できるので、脇毛を生えにくくできます。

また、アポクリン腺と一体化している脇毛は、毛根を破壊することで汗の分泌量を抑えることもできます。

つまり、脱毛施設に通って脇毛を生えにくくすることは、ワキガの臭いを抑えることに加えて脇毛を自己処理する手間を省くことが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*